新米ママに相談相手は必要

子供が生まれると何もかも初体験っていうお母さんがほとんどだと思います。大家族で同居していて兄弟の子どもを世話したり、すごく年の離れた兄弟がいるとかいう人以外は全くどうしたらいいかわからない状態でしょう。 どんどん自分のからに閉じこもっていって、愚痴を言ったり相談したりする人がいればいいですがいない場合はノイローゼになってしまうかもしれません。 親が近くにいれば助けてもらったりできますが、たった一人で赤ちゃんと一日中向かいあっているとそれは自然なことかもしれませんね。 そんな時に相談室というものがあったら、どれだけのお母さんが救われるでしょう。普通子供を産むと一か月後くらいに助産師さんが家庭訪問してくれますが、それっきりです。けれど、相談室があればカウンセラーの人にいつでも相談することができます。 つまらないことでも相手はプロ、聞き上手ですから躊躇なくお話しすることもできます。もちろんお金を払っているわけdすから、こちらの気のすむまで聞いてくれますよね。 そう考えると核家族化がどんどん進む今の日本では育児ノイローゼの相談室は絶対必要だと思います。人に話を聞いてもらうだけで新米お母さんは安らかな気持ちになるでしょう。

Copyright(c) 育児のサイト. All Rights Reserved.